1. HOME
  2. ブログ
  3. 飯田橋の生牡蠣&牡蠣料理 「牡蠣屋うらら」!日本酒の香りを楽しむためのお話。

飯田橋の生牡蠣&牡蠣料理 「牡蠣屋うらら」!日本酒の香りを楽しむためのお話。

みなさま、こんにちは!
飯田橋駅近で新鮮、安全、美味しい牡蠣が食べられるお店
「牡蠣屋うらら」です。

前回、日本酒の種類と原料のお話をさせて頂いましたが、今回はその続きで、香りや味の違いをお話しようと思います。

日本酒は大きく分けると、純米酒と本醸造酒の2種類に分けられ、原料の違いによって香りにも違いが出てきます。

純米大吟醸酒と大吟醸酒といった、精米歩合が50%以下の日本酒に関しては、他のものに比べ、それぞれ固有の香りが表現しやすくなっています。

米の表層部分にはたんぱく質や脂質、でんぷんなど重要な栄養素があり、これらの栄養素が多すぎると、雑味が残り、お酒の香りが消されてしまいます。
そこで、日本酒造りにとっては必要のない米の表層部を磨いています。

一般的に精米歩合が高い、つまりより磨いている方が、華やかな香り高い日本酒になるといわれています。

反対に、精米歩合が低い日本酒は、華やかな香りは抑えられ、控えめな米本来の香りに仕上がります。

なぜ精米歩合によって香りが変化することがあるのかというと、お米に含まれる脂質の量が違うからです。
実は、脂質には華やかな香り成分を抑制する力があるんです。

脂質は、お米の表層部分にしかありません。磨けば磨くほど脂質が減っていき、表層からおおよそ50%を磨くと脂質はなくなるとされています。
大吟醸の精米歩合が50%以下と定められているのには、香り成分を抑制する脂質を取り除くという意味合いがあるわけです。

つまり、フルーティーな味わいを好む方は、精米歩合が50%以下のものを。
お米本来の香りを楽しみたい方は、精米歩合が50%以上のものを一度目安に選んで頂くのもいいかもしれません。
ご予約、ご来店を心よりお待ちしております。


【 店舗情報 】
牡蠣屋うらら

〒162-0824
東京都新宿区揚場町1-14 安田ビルB1

JR総武線・中央線 飯田橋駅東口より徒歩1分

    TEL    】 03-5225-2740
【 ディナー 】
月曜~金曜: 17:00~24:00(フード L.O.23:00)
土日・祝日: 16:00~23:00(フード L.O.22:00) 

  ランチ  
月曜~金曜:  11:30~14:00(L.O.13:30)

  定休日  】年中無休

関連記事